20代後半からのアラサーファッションで気をつけたいこと

20代後半に差しかかると自然と似合うファッションも変わってくることと思います。

また、世間から見ても、「アラサーという年代に見合ったファッション」、「20代前半までは許させるが20代後半からは許容しにくいファッション」というものがあるように感じます。

例えば、膝上のフレアスカートにノースリーブのブラウスのコーディネートは殆どの人が20代前半までは可愛く着こなすことが出来ます。

しかし、アラサーで膝上とノースリーブを合わせたコーディネートをしていると「似合わない」、または「見合っていない」と思われやすいようです。

アラサーに差しかかると、まず露出に対して厳しい目で見られることが多くなると思います。

また、自分自身でもアラサーに差しかかって20代前半と同じようなコーディネートをしていると「何か違う」「もう無理が出てきているのではないか」と感じる人も多いようです。

そこで、アラサーの人が最も気をつけなければならないことは露出の割合であると思います。

露出の割合に気をつけるということは実際にどういうことかというと、トップスとボトムスで考えたとき、露出のあるものを取り入れるとしたらどちらか一方のみにし、もう片方は露出の抑えられたものを選ぶということです。

例えば、ノースリーブのトップスが着たいと考えたら、ボトムスはアンクル丈か十分丈のパンツにするということです。

もう一つ例を挙げると、膝上丈のショートパンツなどのボトムス履きたいと考えたら、トップスは袖のある首回りの空きも抑えられたものを選ぶということになります。

このように露出の割合に気をつけたコーディネートをすることで、周りからも「見合わない露出」という印象はなくなり、「ヘルシーな肌みせ」という印象に変わることと思います。

アラサーだからといって肌みせを全くしないコーディネートをしてしまっても女性らしさの感じられないものとなってしまいます。

ヘルシーな肌みせコーディネートでアラサーになっても女性らしく素敵なレディースファッション20代を楽しみましょう。

About 思うこと