ファッションによって変わった私の人生

私がファッション雑誌を読むようになったのは中学生の頃でした。

それをきっかけに、おしゃれとは無縁の生活を送っていた私は次第に原宿系のファッションに憧れるようになりました。

今でこそ奇抜なファッションもおしゃれとして認められるようになりましたが、私の周囲では原宿系=ヘンな恰好の人!として認識されるのみで、こんな服装が好きな私はきっと変に違いない!人には言えない趣味だ!とちょっと悩んだりもしていました。

そんな状態でしたので結局、中学と高校の頃は何も原宿系らしい服装はできずに終わりました。

大学に合格してから入学式までの間は、これからの自分のファッションについて延々と考えていました。

悩み抜いた結果、何はともあれ可愛い服を着るのはもうラストチャンスかもしれない!という思いから、大学には思い切ってアンジェリックプリテイのトップスとエミリーテンプルキュートのスカートを着て行くことにしました。

やっと念願が叶った!と思いました。

大学ではさぞかし浮きまくることかと思いきや…そんなことはありませんでした。

もしかしたら浮いていたのかもしれませんが、他人の服装ごときでとやかく言ったり噂したりする人がいなかったから気にならなかった!というのが正しい言い方なのかもしれません。

そして、大学の特徴なのかもしれませんが、周囲の友人たちは裕福な家庭の出身者ばかりで普通にブランドのバッグや服を持っていたので(私のようなファッションの人もいました)私がブランド服着ていようが何だろうが気にならない様子でみんな仲良くしてくれました。

今までは人目を気にしていろいろとやりたいことに挑戦できなかったのですが、自分を理解してくれる友人たちと、大好きな洋服のおかげでとても積極的になって、大学の勉強もとても頑張るようになりました。

その結果、初めての前期試験での成績はオールAでした!その後は研究発表で最高の評価をいただいて、今思い出しても幸せな大学時代だったと思います。

そして今現在、まだまだ安いレディースファッション通販が大好きです。

先日もキャンディストリッパーで買い物してしまいました!仕事中はきちんとした服装をしますが(職業柄、奇抜な髪とネイルは不可なのが残念でたまりません)プライベートでは思い切って好きな服を着ることにしています。

これからもどんどん可愛い服を着て、楽しく毎日を過ごそうと思います!

About 思うこと