妊娠、出産、子育てにぴったりなのがミネラルファンデーション

ミネラルファンデーションは、どんな年代の人でも、どんな生活をしている人にでもおすすめのファンデーションですが、特におすすめしたいのが妊娠や出産、子育てをしている女性です。

なぜかというのは、妊娠、出産、子育て別に理由を見ていきましょう。

妊娠中は肌が敏感になる事も

妊娠すると、女性の体はホルモンが変わってきます。

メラニン色素ができやすくなったり、体が丸くなってきたり‥。

肌がいつもと違って敏感になる場合もあります。

よく、妊娠中は肌荒れしやすかったという女性もいます。

いつものファンデーションだと仕上がりに不満がある、違和感を感じると普段のファンデーションにあまり効果を感じなくなったら、ミネラルファンデーションの出番です。

ミネラルファンデーションは鉱物からできているので、肌に負担をかけません。

しかもシミやソバカスをしっかりとカバーするファンデーションも多いので、肌荒れをしてもファンデーションをしている間はきれいな肌でいられます。

妊娠中は、肌にも負担をかけたくないという人はミネラルファンデーションがおすすめです。

また、しっかりと肌荒れをカバーしてくれながらも素肌のような仕上がりになりたい人も、ミネラルファンデーションがおすすめです。

分娩まであと少しの時と、産後すぐにでもミネラルファンデーション

赤ちゃんが産まれる予定日というのはありますが、あくまでも予定日なので予定日よりも早く産まれる場合も多いですよね。

なかには、1ヶ月も早く赤ちゃんが産まれたという人もいます。

出産をする時は、基本的には化粧を全て落としてから分娩に入ります。

出産は陣痛や破水から始まりますが、いずれにしても分娩は突然やってきます。

そんな時に化粧をすぐ落とすのは、なかなか苦労する場合もあるんです。

破水したらすぐに病院に行きますが、慌てて化粧を落とすのを忘れてしまったりなどバタバタするので、ファンデーションはあらかじめミネラルファンデーションにしておけば、ファンデーションを落とし忘れて長時間の分娩に入ってしまっても安心ですよね。

分娩し終わった日はシャワーも入浴も禁止されているので、ミネラルファンデーションならば落とさずに過ごせます。

育児中は赤ちゃんの肌に優しい

出産の入院が終わり、育児をしている時もミネラルファンデーションおすすめです。

赤ちゃんは、だっこすると興味がありそうにママの顔をベタベタと触ります。

また、赤ちゃんが可愛くて頬擦りをしたりなどの機会もあります。

その時にファンデーションをしていると、赤ちゃんの肌には決して良い影響はでませんよね。

赤ちゃんは、大人の肌の半分の厚さしかないぐらいの敏感肌なんです。

ミネラルファンデーションならば、ミネラルからのみできているので赤ちゃんがファンデーションをつけた肌に触っても安心です。

また、育児中はなにかと疲れるものです。

赤ちゃんを寝かす時に、ママまで一緒にうっかり寝ちゃっても安心なのがミネラルファンデーションなのです。

About 思うこと